消臭効果で選べ!【足臭・汗臭・加齢臭】柿渋石鹸ランキングヘッダー画像

加齢臭に関する疑問と答え

加齢臭ってどんなニオイがするの?

加齢臭のニオイは、ろうそくや古い本、ブルーチーズ、青カビ、油に似ているといわれています。 加齢臭が「おやじ臭」と呼ばれることを考えると何となくどの臭いもピンとこないかもしれませんが、
それは人によって感じ方に差があるということです。 ですから、加齢臭がある人は必ずしも不快なニオイがするかと言われれば、そうとはいい切れないのですが、ブルーチーズや青カビなどの臭いは残念ながら良い香りとも言えませんね。 加齢臭は皮脂の酸化から始まるので、皮脂腺が多いところから発生し、頭皮や首の後ろ側、耳の裏側などのほか、背中や胸などからも発生します。 そのため、消臭力のある加齢臭対策石鹸でニオイの元である酸化した皮脂を落としたり、ニオイの原因菌を殺菌するのは加齢臭を抑えるのに効果的なのです。

加齢臭の元「ノネナール」って何?

加齢臭の原因物質である「ノネナール」は、皮脂腺から分泌される「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が酸化することによって発生する成分です。 「ノネナール」は資生堂の研究者が発見したもので「加齢臭」という言葉も彼らによって名づけられたということです。 加齢とともに酸化を防止するホルモンの分泌が減ってくるために中高年になると大量に分泌するようになり、加齢臭を発生させるのです。 加齢臭と聞くと、男性のイメージがありますが、女性も加齢臭の原因であるノネナールは発生します。 ノネナールが発生しやすい場所は耳の後ろや首の後ろ、また胸や背中など、皮脂腺が多いところです。

加齢臭はどうして発生するの?

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質です。 皮脂腺から分泌される皮脂の成分「脂肪酸=パルミトオレイン酸」が酸化することで発生する物質のことであり、これが加齢臭の根本的な原因だといわれています。 つまり、ノネナールは皮脂腺と関係が深く、この皮脂腺の活動が活発になるのが40代以降の男性なのです。 若いうちは成長ホルモンが酸化を促進する活性酸素を除去してくれるのですが、 加齢とともに減少してしまうため、酸化がすすみ、ノネナールも多く発生しやすくなるというわけです。 ただし、最近は若い年代でも生活習慣や体質によって、加齢臭が発生する人が増えているので若いからと言って油断は禁物ですよ。

加齢臭と喫煙は関係あるの?

加齢臭と喫煙は大きく関係しています。 タバコを吸うことで体内の活性酸素が増加し、脂肪酸や中性脂肪の酸化を促進し、加齢臭の原因である「ノネナール」を生成します。 体の酸化を防ぐのはビタミンなのですが、タバコを吸うとこのビタミンが破壊されるのでより酸化しやすい体になるのです。また、タバコに含まれるニコチンやタールは活性酸素となって体内に取り込まれるので、加齢臭が気になる人はできるだけ喫煙は控えたほうがよいでしょう。

加齢臭と体臭の違いは?

加齢臭も大きなくくりにすれば体臭の1つですが、それぞれニオイが発生する原因が違います。

「加齢臭」皮脂が酸化することで過酸化脂質「ナノネール」という物質を作り出すことが主な原因となります。加齢臭のニオイは独特で、ホコリっぽく青臭い、ろうそく、油、お線香などという表現をされることが多いです。

「体臭」主に汗に雑菌が繁殖することで発生するもので、足のニオイやワキのニオイなど体から出るニオイを総称して指します。ニオイとしては汗臭さを強く感じます。

いずれにしても、これらのニオイは周りの人の不快感を与えるので対策が必要です。 体臭はこまめに体を洗って汗を洗い流すことで改善できますが、加齢臭は原因物質である「ノネナール」の発生自体を抑えなければなりません。 「ノネナール」には柿渋入りの石鹸などが有効ですし、脂肪分の少ない食生活を心掛けたり、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

加齢臭は何歳から発生するの?

一般的には加齢臭は中高年特有のニオイなので40代後半ごろから発生するといわれていますが、
特に決まった年齢はありません。

これはあくまでも目安であって、早い人ではたとえ20代でも発生しますし、50代になってからという人もいます。 加齢臭の発生には過酸化脂質や脂肪酸の量が大きく関係しているのですが、これは食生活などによっても変わってくるので人それぞれ違います。 脂っこい食事や外食が多い人は要注意です。 若いころからバランスの悪い食事や運動不足を続けていると発生する年齢が早くなる可能性があります。 最近自分のニオイが気になってきた、という方は柿渋石鹸を使いながら日々の生活や食事の見直しもしてみると早めに加齢臭の悩みが解消するかもしれませんね。

加齢臭は女性でも発生するの?

加齢臭は「おやじ臭」と呼ばれているため、男性特有のものだと思われがちですが、実は男女の区別なく、女性にも加齢臭は発生します。 加齢臭は名前の通り「加齢」によって発生するので年齢を重ねれば当然女性にも発生するというわけです。 ただし、男性が40代ごろから見られるのに対して女性は50代を過ぎてから発生することが多いようです。 これは、50代に入って閉経を迎えた女性の体が男性に近づくため、加齢臭が発生しやすくなるためです。 また、男性と女性では皮脂の分泌量が違うので加齢臭の程度も異なります。 しかし、最近では女性のための加齢臭石鹸も増えてきました。 今までの男性向けの柿渋石鹸とは違い、女性に嬉しい美容成分がたっぷり入った柿渋石鹸もあるのです。 中には「ニオイ対策だけでなく肌もしっとりして、すっかり気に入ってしまった!」なんて方もいるそうですよ。